職場を辞めて準棄権ライフスタイルを送ります。

50お代になり、ビジネスの扇動や年齢による疲弊、持病の総和の上昇などもあって、くらし資金の希望がたてば先を早急退職して妻と手遅れ暮しを送りたいと日常考えています。ただし残念なことに、目下始めた株式財テクもあまり旨味が上がらず、家屋融資もまだ抱えていますので、かなり自分の貸し付けだけで先を控える状況にはありません。

あんなぼくが宝くじで7億円も当たったらアッという間に先を辞めて、では家屋融資の残高の返金をする。

また、3億円平均を財テク嘱託に回せば通年600万円くらいの流通財貨が見込めるので、次いで元手を減らさずくらし資金を確保します。

また、人や妻がが重病を患ったり、高額な作業場に入らなければならなくなることも考えて1億円は貯蓄。しかもペイオフを考慮して10の金融機関に1千万円づつ預けます。せこいですかね。

それでも2億円以上はまだまだ活かし切れないので、これまで年中妻には負担をかけてきたせめてもの罪滅ぼしとして、クィーン・エリザベス号でグループ一周のトリップを贈り物し、それと二人の子どもたちの将来の幸せの結果、ゆくゆく必要になるであろう資金として5千万円づつをどこかに留保。

残る約1億円は、私も積み増し被害を受けた東日本災害で大切な父母を亡くされた皆様のために寄付したいと思います。ボディショップ 福袋 2017