独り暮らし夫の7億円の役割

わたくしが7億円当たったらあしたアッという間にショップに辞表を提出します。おおかた親分の皆さんは驚くと思いますが、誠に説得されようが状況を聞かれようが辞表を取り出し手続き、ショップには行きません。その後、1億円を定期備蓄に入れ、残りの6億円を生涯の終わりまで費やすと思います。とても、初めに行うことは他国旅行に行くことです。わたくしは今まで一度も外国に行ったことはないので知人や家事を導きハワイやニューヨーク、ロサンゼルスに行きます。当然福引きに当たったことは家事にも絶対に言いません。そうして、現場で美味しいものを食べたり、フェリーに乗ったり、壮観旅館に泊まり、悠然と行なう。こういうツアーだけでは1000万円も扱うことはないので、残りの5億9000万円が残ります。おそらく、ただ遊ぶだけでは僅かつらい結果、売り買い用の住宅や住まいを3億円で一括で買ってしまうと思います。こういう住まいや住宅があることにより家賃儲けが混じる結果、生きていく儲けの気苦労が解消され精神的にゆとりのある身辺をすることができます。住まいを住宅を買った後に約2億9000万円が残るので日本ツアーや貧乏人で耐える子陣のために少々ですがカンパもしたいと考えていらっしゃる。延々と使いたいことはありますが、計画的に取り扱うことを心がけたいと思いました。diageogrowingtogether.com